部分矯正なら気軽に歯並びを改善できます!

>

部分矯正のメリットとデメリット

部分矯正のメリット

部分矯正のメリットはたくさんあります。
全体矯正が歯全体を補正するのに対し、一部分しか矯正をしないため、費用が安くて済みます。
具体的な費用や期間については次の項目を参照してみて下さい。
また治療期間も、前歯辺りの方が歯が動かしやすいために短期間で済みます。
それ以外にも矯正期間中における発音や咀嚼への影響が比較的少なくて済みます。
治療に伴う痛みも、全体矯正に比べて弱くなります。
歯の矯正というと一般的に学生の間にするもので、社会人になってしまうと人と会う機会も多いためなかなかやってみようとは思いません。
しかし、期間が短くて済み、また日々の生活への影響も少なくて済むので一度歯医者さんに相談されてみてはいかがでしょうか?

部分矯正のデメリット

部分矯正にもデメリットはあります。
一部の歯のみを動かして行うものであるため、必然的に矯正が可能なケースも限られますし、可能であっても全体矯正の方か仕上がりが良い場合もあります。
そのため、歯と歯が重なっている部分が大きい場合や歯の歪みの程度が酷い場合には部分矯正でなく、全体矯正を勧められる可能性が高いです。
また、矯正の目的には審美と噛み合わせの改善がありますが、噛み合わせについては歯の移動が少ないため大幅に良くなるということは少ないでしょう。
また審美面での改善するための治療方法として、歯の一部を削ってかぶせ物をしたりする補綴治療が他にありますが、部分矯正は治療期間が短いとはいっても補綴治療に比べると長期間が必要となります。